貧乳に見せない服の着こなし方

 

貧乳の原因は、胸の厚みが薄かったり、ウエストに比べてメリハリが少ない事等が理由です。
しかし、貧乳は服や下着で見せ方を変えられるので、
胸に自信がないからと諦める必要はありません。
服の選び方としては、薄手の貧乳が目立つタイプではなく、厚地でボリューム感のあるふっくらした生地が適しています。


特に冬場の服選びは、毛糸や素材感のある洋服が選び易いので、貧乳にとって好都合な時期といえます。
厚地の洋服であれば、下着の種類やパッドの使用もバレないので、複数の対策で貧乳の評価を抜け出す事が出来ます。


逆に避ける服の種類としては、体に密着してボディラインが見えてしまう物は厳禁です。
また、胸元の開いた服装は人を選ぶので、貧乳ではなくてもハードルが高い高難度の選択肢になります。
貧乳向けの洋服選びのコツは、腰の部分にゴムが入っていたり、紐で締める事が出来るワンピース等があります。
通常の着こなしでは、重力に従って生地の一部が胸に乗りますが、これが貧乳を強調してしまう原因になります。

 

good胸が大きい人にとっては、強調出来る事が好都合になりますが、胸が薄い人は欠点になるので避ける方が賢明です。
色の選び方は、濃い色よりも明るめの方が輪郭が目立ち難いので、

黒より白の方が比較的適しています。

黒や濃い色のコーディネートは、背景との差で体の輪郭が目立つので、横を向いた時に胸の大きさがバレてしまいます。

 

これは過ごす場所や時間帯によりますが、予め環境に馴染む色を選んでおけ ば、どの角度から見られても輪郭を目立たなくする事が出来ます。

 

他には、袖や裾が開いている物を選ぶ事によって、相手の視線や意識をそちらに向ける事が出来ます。
胸元にフリルが付いていたり、フラットではなく波立たせている生地を選ぶ事も、胸の特徴を欠点にしない着こなし方の一つになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です